BGA素材の使いかた(一例)

 

東方音弾遊戯7で配布している動画素材を使ったBGAの一例です。
その他フリー素材等と組み合わせ、様々なBGAを制作することが可能です。
キャラ絵はkaoru様dairi様にお借りしております。

 

BMSEを使ったBGA制作の例

上記に掲載したデモのBGAは、BMSEを使って作られています。
実際にBMSEを使用した動画素材の利用法を見てゆきましょう。

基礎編

1.
まずは完成したBMSファイルをBMSEで開きます。
動画(静止画でも可)素材をBMSEにドラッグ&ドロップしましょう。


2.
次に、追加した素材を配置します。
BMS制作と同じく、再生したいタイミングに選択した素材を配置します。

基本的にはこの繰り返しで動画素材を再生してゆきます。
動画をループさせる際は、動画の終了時点にもう一度同じ素材を置くか、 AviUtl等外部ツールを使って予めループさせた素材を用意し、ご利用ください。
これでBGAとして動画を再生することが出来ます。
LR2等で確認しましょう。

応用編

LAYERレーンを使って動画素材の上に画像を表示させてみましょう。
基礎編と同じように透過したpng等をBMSEに追加し、LAYERレーンの表示させたいタイミングに置きます。

今回は透過pngを使っていますが、bmp等の画像でも可能です、黒(R0,G0,B0,)は透過します。
画像を消したい時は黒一色(黒ベタ)の画像を用意し、消したいタイミングでレーンに配置しましょう。

また、画像と黒ベタを素早く交互に再生することで、画像が点滅している様に演出することも出来ます。


その他の素材を使う

東方音弾遊戯7で配布されている素材以外の素材を使用する際は、BGAに適した形式に変換する必要があります。
詳しくはBGAのススメ様などをご参考頂ければ幸いです。

今回この記事で解説したBGA制作はほんの一例です。
AviUtlや、その他いろいろなソフト等を使用して、ご自身の思いのままに映像制作をすることも可能です。
是非とも東方音弾遊戯7動画素材を利用し、素敵なBGAを制作してください。

モドル。